おいしいもので作る善三展

坂本善三美術館コレクション・リーディングvol.4

おいしいもので作る善三展

2020年1月25日―3月15日

小国町内の食のプロたちによる新しい善三解釈。
絵と食べ物で小国をめぐるおいしい展覧会です。

さまざまなジャンルのゲストを招いて収蔵品を再解釈する展覧会シリーズ「コレクション・リーディング」。第4回目となる今回は、「食」を切り口に、小国町内の食のプロたちが坂本善三の作品を食べ物で表現します。
呼びかけに集まった町内飲食業のみなさんは19店舗。昨年の7月以来およそ半年かけて坂本善三の作品と向き合い、それぞれが感じたことをそれぞれの技で表現するための試行錯誤を重ねてきました。
普段、美術館で作品を見るときには、なんとなく絵の前を通り過ぎてしまいがちです。しかし今回料理人のみなさんは、じっくりと絵の前に立ち止まり、多くの制約のある中で自分がその絵から感じたことをどう表現しようか、プロの技とプライドをかけて考えたことだと思います。
そこから生まれた料理は、実に自由でバラエティに富み、しかも作品に深く入り込んだ作品解釈であると同時に、新たな作品としての表現でもあります。
当館で善三先生の絵を見た後は、町内の各店舗を周遊しながら、大人の本気の想像力を堪能していただければ幸いです。

チラシのダウンロードはこちら チラシ表 チラシ裏

坂本善三美術館HP https://www.sakamotozenzo.com/
坂本善三美術館FB  https://www.facebook.com/sakamotozenzoo/

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう